50代女性の転職の仕方、おすすめの転職先などご紹介

50代女性の転職、普通なら無理だろうと考えてしまいますよね

しかし色々な事情があり50代からでも転職を目指す女性の方は少なからずいらっしゃいます。

そんな方のために50代のための正しい転職活動の方法を詳しくご紹介します。

50代の転職のデメリットとそのフォロー

通常、転職活動と言ったら自分のアピールポイントをいかに伝えるかにつきます。

しかし50代女子の場合が自分のデメリットも知ったうえで、そのデメリットを相手に感じさせないことから始めなくてはなりません。

ではそのデメリットとは何なのか見ていきましょう。

人件費がかかる

企業側からすればいかに入社したてと言えども50代女性のあなたを雇えば年齢に見合ったそれなりの給料を支払わなければなりません。

しかし、あなたが会社で給料に見合った働きをしてくれるかは未知数ですよね。ですからあなたを雇うこと自体、言葉は悪いですがギャンブルなんです。

このことを踏まえてじゃあどうすればいいかというと、あなた自身が給料が前の会社より下がることを受け止めることが大切になります。

例えば面接の際に給与面を気にする素振りを見せればマイナスです。逆に給料よりも仕事がしたいという意欲を見せれば少なくとも給料面での企業側のマイナスポイントは消すことが出来ます。

扱いづらい

気分を悪くしないで聞いて欲しいのですが、50代となれば自分にプライドを持っている年齢でもあり会社側とすれば扱いづらいかもという印象を受けます。

例えば仕事の指示をしても「こっちの方がいいのでは?」と反論するなど業務に支障をきたす不安を持つんです。

もちろんそんなのは人それぞれで50代でも柔和な方もいらっしゃいます。

しかし会社はリスクを少しでも減らすのが大事ですから、あなたの方から面接等で自分は新人として頑張るという姿勢を見せれば50代という悪い印象をなくすことが出来るでしょう。

すぐに辞めそう

50代で転職活動をしているというのは20代よりも転職理由が重要になってきます。

つまりちゃんとした理由を示すことが出来ないと面接官からすると、もしかしたら何かしらの問題を抱えて、うちもすぐに辞めそうと思ってしまいます。

ですから50代で転職活動をするのなら面接の際にしっかりとした退職理由を考えておく必要があるんです。

その理由次第では「うちなら退職することはないだろう」と思って貰え、採用の確立がグッと高まります。

50代女性に向いている転職先

50代女性が転職する上でのデメリットとそのフォローの仕方が分かったところで、次は仕事選びです。

しかし50代の転職となるとハッキリ言って自由に仕事を選ぶことは難しくなります。

そこで50代女性が転職しやすい職業をいくつかご紹介しましょう。

職務経験を活かした仕事

一番は何といってもこれまでの職務経験を活かせる仕事です。

特に長年培ってきた仕事ならより大きな転職の際の武器になり、20代、30代に勝てる要素にもなります。

ただし少なからず前の会社が嫌で辞めているのですから、全く同じ業種はちょっと・・・と敬遠する方もいるでしょう。

そのような方は業界を変えてみてはいかがでしょうか。例えば小売業の営業をやってきた方なら金融業の営業に転職という感じです。

仕事内容は大きく変わるかもしれませんが、営業経験はきっと大きな評価になりますから少しでも前の職務経験を活かせる仕事を探してみましょう。

福祉業界の仕事

福祉業界は利用者に比べ年々、従業員の数が足りなくなっており需要が高まっている仕事です。

そして未経験でも採用されやすく、人と接するのがメインの仕事なので50代女性の物腰の柔らかい人間力を活かせるベストな仕事と言えます。

ただし福祉業界は重労働を要する仕事なのでそれなりの覚悟が必要です。

転職エージェントが50代女性の転職をサポート

50代での転職は不可能ではありませんが、求人数が急激に減ってしまいます。

この辺も50代での転職が厳しいとされる理由でもあるのですが、実は50代でも採用してくれる求人を多く扱っているところがあります。

それが転職エージェントです。転職エージェントは誰でも無料で利用できる転職サービスで一般公開されない非公開求人を閲覧することが出来ます。

この非公開求人というのは転職エージェントのような特定の機関にしか提示しない特別な求人のことでハローワークなどの求人と違って経験者優遇の求人が多いんです。

ですから50代で転職を目指すあなたにこそ求人探しの際は転職エージェントの利用をぜひともおすすめします。

まとめ

50代女性の転職はどうしてもどうせ無理だとマイナスな気持ちから入ってしまいがちです。

しかし50代のデメリットをちゃんと把握したうえで面接に臨めば、そのマイナスイメージを払拭することは十分可能ですし、逆に50代女性ならではの社会経験などのメリットをアピールすることだって出来ます。

ですから年齢のネックを感じることなく面接に臨むことが転職を成功させる一番のカギなんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です